事務局:
岐阜県歯科医師会
事務局(会員事業部)
〒500-8486
岐阜市加納城南通り 1丁目18番地
TEL058-274-6116
・・・年1回、総会とスポーツに関する研究発表や講演会などを行う
   学術集会を開催
・・・マウスガードの製作セミナーの開催

     平成25年度 第3回スポーツ歯学講演会
       ( 口腔外傷予防対策事業)

日 時: 2014年3月2日(日) 10:00~
場 所: 岐阜県歯科医師会館
〈演題・講師〉
   演題:「ボクシングにおけるスポーツ外傷」
   講師:細野光史・岐阜県アマチュアボクシング連盟
                            強化委員長
   演題:「空手におけるスポーツ外傷」
   講師:小島新一・岐阜市空手道連盟常任理事
        

   演題:「口腔外傷とその予防」
   講師:飯沼光生・朝日大学歯学部口腔構造機能発育講座
              小児歯科学分野准教授、岐阜県スポーツ・
              健康づくり歯学協議会理事

★詳細は次の通り


    FC岐阜デンタルサポート事業
日 時: 2011年9月1日(木)
場 所: 岐阜県歯科医師会館「オーディトリアム、診療所」
〈歯科講話〉
   演題:「アスリートにおける歯の重要性(仮題)」
   講師:飯沼光生・GSHP協議会事業委員会委員
         (朝日大学歯学部小児歯科学准教授)

〈口腔健診〉
〈マウスガード型採り〉
★詳細は次の通り

    日本SHP歯学協とJASDの同時開催
日 時: 2010年7月10~11日(土・日)
場 所: 福岡県歯会館
〈講  演〉
   演題:「健康スポーツ歯科について―SHPの展望―」
   講師:杉山義祥先生(日本SHP歯学協議会会長)
〈特別講演〉
   演題:「ラグビーから学んだこと」
   講師:森重隆氏(新日鉄釜石ラグビー部元監督

〈教育講演〉
   演題:「我が国のスポーツ歯科医学の展開と対応」
   講師:安井利一先生(JASD理事長
★詳細は次の通り

 昨年に続き、FC岐阜のデンタルサポート事業を開催
 
   
―FC岐阜デンタルサポート事業開催―
  GSHP事業委員会委員 荒井孝仁
★詳細は次の通り  

     2010年度総会・講演会
日 時: 2010年6月20日(日)13:00~16:00
場 所: 岐阜県歯科医師会4F・第1会議室
〈特別講演〉
   演題:歯科医師の常識としてのアンチドーピング
       -アスリート(国体選手)への診療で困らないために-
   講師:喜久生明男先生(岐阜県スポーツドクター協議会副会長)
★詳細は次の通り

     健康スポーツ歯科全国指導者研修会
 
   
―健康スポーツ歯科全国指導者研修会に参加して―
   GSHP専務理事 西脇孝彦 事業委員会副委員長 星屋正彦
★詳細は次の通り

        サッカー選手も歯が命
 
   
―FC岐阜デンタルサポート事業開催―
  GSHP事業委員会委員 大塩総尾
★詳細は次の通り

        スポーツドクターの役割

              -スポーツ現場に臨んで-
  GSHP事業委員会委員 小仲正紀
★詳細は次の通り

        2009年度総会・講演会

日 時: 2009年9月6日(日)13:00~16:00
場 所: 岐阜県歯科医師会4F・第1会議室
〈特別講演〉
   演題:マウスガードの作製方法から、最近のスポーツ歯学まで
   講師:鈴木浩司・日本大学松戸歯学部口腔機能学専任講師
★詳細は次の通り

  第20回 日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会

日 時: 2009年7月4日(土)~5日(日)
場 所: 大宮ソニックシティ
〈メインテーマ〉
      「スポーツ歯科医学のストラテジー」
       -第20回学術大会を迎えて-
〈内容〉
 1.特別講演「メタボリックシンドローム解消のためのエクササイズガイド2006
   演者:田畑泉先生(独立行政法人国立健康・栄養研究所健康増進プログラムリーダー)
 2.教育講演Ⅰ「スポーツ歯科最前線-そこで見たこと聞いたことそして分かったこと-」
   演者:竹内正敏先生(タケウチ歯科クリニック院長)
 3.教育講演Ⅱ「安全分化の創造と学校における安全教育」
   演者:戸田芳雄先生(浜松大学健康プロデュース学部心身マネジメント学科教授・日本安全教育学会理事長)
 4.公開講座「いのちの教育の提言」
   演者:田中秀治先生(国士舘大学院救急救命システムコース主任教授)
 5.ランチョンセミナー「外傷脱落歯と歯根膜の保存」
  演者:中川寛一先生(東京歯科大学歯科保存学講座)
 6.シンポジウム「スポーツ歯科医学のストラテジー」
  S-01 歯科医師会の立場から
      演者:箱崎守男先生(日本歯科医師会)
  S-02 歯科衛生士の役割
      演者:松木一美先生(日本歯科衛生士会

  S-03 歯科技工士の立場から
       演者:村松仁志先生(日本歯科技工歯科医認定講師、かながわスポーツ・健康づくり協議会学術常務理事、NPO法人かながわ健康づくり歯科ネットワーク理事長)
  S-04 The State of Korea's Sports Dentistry                -in particular on temporomandibular disorders and sports dentistry-
      演者:Hoon Chung,DDS,PhD.(President of Korean Association Temporomandibular Joint Corporation President elect of Korean Academy of Sports Dentistry

★詳細は次の通り



    2008年度総会・講演会

日 時: 2008年5月18日(日)
場 所: 岐阜県歯科医師会会館
内 容:
     〈総会〉 13:00~14:00
        事業報告・会計・事業計画
     〈特別講演〉
        講師:渡辺郁雄先生
        (岐阜県スポーツドクター協議会会長
                ・渡辺内科クリニック院長)
        演題:医学がスポーツに対してできる貢献と限界
参加費:無料
参加資格:GSHP協議会会員の総会・講演会です。
       全員参加資格を得て参加をお願いします。
詳細は次の通り


  第19回 日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会

日 時: 2008年7月12日(土)、7月13日(日)
場 所: 北海道歯科医師会(北海道中央区北1条東9-11)
〈メインテーマ〉
      「スポーツを通じて学ぶ歯とからだの健康」
〈内容〉
 1.特別講演「歯を食い縛る-集中力とスポーツ-
   演者:川初清典先生(北海道大学生涯学習計画研究部教授)
 2.教育講演Ⅰ「EBMを得るための方策」
   演者:前田芳信先生(大阪大学大学院歯学研究科顎口腔機能 再建学講座教授)
 3.教育講演Ⅱ「下肢スポーツ外傷の病態と治療-藤前十字靱帯 損傷を中心に-」
   演者:遠山晴一先生(北海道大学病院リハビリテーション部准  教授)
 4.ランチョンセミナー「ドーピングとスポーツ歯科」
   演者:笠飾久美子先生(北海道大学病院薬剤部副部長)
 5.一般口演・ポスター
 6.業者展示
 7.その他

★詳細は次の通り


  第18回 日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会

日 時: 2007年6月30日(土)、7月1日(日)13:30~16:30
場 所: 沖縄産業支援センター(沖縄県那覇市小禄1831-1)
〈メインテーマ〉
  「沖縄発世界基準-臨学一体によるスポーツ歯科への取り組み
 大会会長あいさつは次の通り
 大会プログラム
〈特別講演〉
    世界一への挑戦
 詳細は次の通り
〈教育講演〉
  講演「わが国におけるスポーツ歯学の展望」
  講師 安田利一先生(日本スポーツ歯科医学会理事長)
 詳細は次の通り
〈海外招待講演〉
  講演「韓国のスポーツ歯科医学の動向」
  講師 Dac-Gyum Choi.D.Sc.Ph.D.
 詳細は次の通り
  講演「Mouthguard and Putting Of Golf
  講師 Moon-kyu Chung,D.D.Sc.,Ph.D.
 詳細は次の通り
 
 第4回 日本スポーツ・健康づくり歯学協議会総会
日 時: 2007年6月30日(土)
場 所: 沖縄産業支援センター大ホール(沖縄県那覇市小禄1831-1)

★詳細は後日掲載

 2007年度学術集会
日 時: 2007年7月15日(日)13:30~16:30
場 所: 岐阜県歯科医師会 4F・第1会議室
〈総会〉
  庶務報告、事業報告、会計報告
〈講演会〉
  演題「関西学院アメリカンフットボール部における歯科医のサポート」
  講師 松田 成俊先生(まつだ歯科医院院長・神戸市)
 
詳細は次の通り

 2006年度学術集会
 
第3回マウスガード製作セミナー
日時・ 2006年1月28日(日)13:30~
場所: 岐阜県歯科医師会 4F・第1会議室

 
「マウスガードの作製」
講師:杉山 義祥先生(杉山歯科医院院長)
〈実習内容〉
実習1 バイトテイキング実習とシングルレイヤータイプのマウスガード製作
     (ネーム・ロゴ埋込)
実習2 マルチレイヤータイプのマウスガード製作
デモ  マルチレイヤータイプを応用した開咬症例のマウスガード製作
参加料:2,000円(材料費) 抄録はこちら


 マウスガード製作セミナー・フォトギャラリー

1・セミナー会場の様子

2・外形線を模型に記入
  1層目・・・赤線
  2層目・・・黒線
3・松風・モデルキャプチャー使用
  吸引・加圧型
4・シートのカッティング
5・咬合面の軟化・咬合調整
6・シングルレイヤータイプ完成
7・口腔内に装着
8・マルチレイヤータイプ完成
 1層目:青色(ソフトシート)
 2層目:透明(ハードシート)
9・開咬症例の模型
10・修了者にエンブレム贈呈