TOP > 歯科医師会活動報告 --> 山県市フッ化物洗口事業 >フッ化物洗口の実際/現状/効果
フッ化物洗口事業

フッ化物洗口の実際

教室での洗口画像

使用薬剤:
 ミラノール(株)ビーブランド・メディコ・デンタル

使用濃度、回数:
  保育園、幼稚園:250ppm、7ml、30秒間、週5回法
  小学校、中学校:450ppm、10ml、1分間、週1回法

指示書:
  年1回、毎年4月に校医が市長宛に指示書を提出

事業管理表:
  各施設のクラスごとに
  洗口液の調製法
  洗口日
  時間帯
  コップの種類
  洗口場所などを記載

  ◆ 各施設への見回りと指導

歯科衛生士:
  初年度は毎月1回
  2年目は年4回
  3年目以降は年2回

薬剤師:
  年1回
  担当課のミラノール出納簿と各施設の管理簿を照合
  洗口実施状況の確認、問題点のチェックと担当課への報告

フッ化物洗口実施施設・実施率(平成22年1月現在)



洗口実施施設:
  市内の全保育園、幼稚園、小・中学校
  私立幼稚園1、市立保育園10
  市立小学校11
  市立中学校3

対象者:
  年中児〜中学3年生まで3168名
  年中児 271名
  年長児 290名
  小学生 1715名
  中学生 892名

実施率:
  年中、年長児 99.5%
  小学生     99.1%
  中学生     98.7%

  尚、合併のため平成22年4月より小学校は9校に

フッ化物洗口の効果

 う蝕罹患率の改善
山県市の12歳児のDMFT指数は、フッ化物洗口開始前の1.49から、毎年順調に減少し、平成21年度には0.37と著明に減少しました。

 学校間格差の解消
フッ化物洗口開始前の平成16年4月には、DMFT指数が0.38〜3.8と小学校間で大きな差がありましたが、平成21年には0〜0.39と学校間 格差が解消されました。
中学校では、0.93〜2.69が0.3〜0.55に、やはり学校間の格差が減少しました。

*DMFT指数とは
  D:むし歯、未処置歯
  M:むし歯に起因する喪失歯
  F:むし歯に起因する処置歯
  T:teeth(歯)
  永久歯の一人当たり平均(D+M+F)の本数で、現在までに虫歯になったことのある歯の本数を意味します。

最新情報 (平成28年3月現在)

フッ化物洗口成績〜平成27年
    クリックで拡大↑

平成16年〜平成27年までの12歳児、一人平均永久歯のむし歯本数の推移を示したグラフです。
山県市では平成23年以降、DMFT指数が0.1と、全国、岐阜県内の平均と比較しても、非常にむし歯本数が少ない状態で維持されています。
この平成23年からのデータは保育園・幼稚園よりフッ化物洗口を始めた子供たちを検診した結果です。
このことは、幼児期からフッ化物洗口を行い、歯の健康に関心を持ち続けることが、むし歯抑制に非常に高い効果をもたらすことを示しています。

news
    クリックで拡大↑


平成28年3月18日、中日新聞の紙面上に、山県市のフッ化物洗口・歯磨き活動とその効果が取り上げられました。

 < フッ化物洗口についてのお問い合わせ >

 山県歯科医師会事務局または、
  *山県市子ども家庭課   TEL 0581−22−6839
  *山県市教育委員会    TEL 0581−22−6811
  *NPO法人 日本むし歯予防フッ素推進会議
  HP  http://www.nponitif.jp/

      *** お気軽にどうぞ ***

Copyright 2010 一般社団法人 山県歯科医師会 All rights Reserved.