最新情報

お知らせ

「よく噛むこと」と「咬めること」の効用

「よく噛んで食べましょう」といわれますが、「よく噛んで食べること」の効果はご存知でしょうか。よく噛んで食べると次の効果があるといわれています。

①肥満予防 : よく噛んでゆっくり食べると、脳の満腹中枢が働いて満腹感を感じ食べすぎを防ぎます。よく噛まずに早食いをすると、脳が満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまい、太りすぎの原因になります。

②味覚の発達 : よく噛むと食べ物は細かくなり、唾液と混ざり合うことにより、食べ物本来の味がわかるようになります。

③言葉の明瞭化 : よく噛むと口や顎の筋肉が発達し、言葉もはっきりと、きれいな発音ができるようになります。また、表情も豊かになります。

④脳の発達・活性化 : よく噛むと、顎の筋肉の働きで脳への血流が良くなり、脳の細胞を活性化します。よく噛むことは子どもの脳の発達を促し、高齢者では認知症の予防になります。

⑤歯科疾患の予防 : よく噛むと唾液の分泌が増え、口の中をきれいにしてくれます。唾液が歯の再石灰化を促進し、細菌を減らし、むし歯や歯周病を防いでくれます。

⑥がんの予防 : 唾液に含まれる酵素が、食べ物に含まれる発がん物質の発がん作用を消す作用があるといわれています。一口30回以上噛んで、食べ物を30秒以上唾液に浸すと効果的と言われます。

⑦胃腸の働きを助ける : よく噛むと食べ物はより細かくなり、また、消化酵素が多く分泌され、食べ物を消化、吸収しやすくなります。そのため、胃腸に負担がかからず、胃腸を丈夫にし、栄養の吸収も良くなります。また、自律神経系の安定にも影響します。

⑧全力を出す : 歯や歯肉を健康にし、顎の筋肉の働きを良くすることで、力を出す時にしっかり食いしばることができ、本来の力を出し切ることができます。

 よく噛んで食べることは、体の健康にいいことばかりです。よく噛んで食べるためには、ゆっくりと食べること、お茶や水で流し込まないことが大切です。歯応えのある物を、栄養バランスを良く考えてゆっくりよく噛んで食べましょう。

 また、よく噛んで食べる以前に、「咬める」、「噛みしめられる」ということも重要です。自分の歯、あるいは義歯(入れ歯)などで、ちゃんと咬める、噛みしめることができると、体のバランスが保たれ、全身の筋力が発揮でき、転倒予防になります。自分の歯や義歯でちゃんと咬める人には認知症が少ないという報告もあります。いつまでも自分の歯(不幸にして歯を失った方は義歯など)でしっかり咬めるお口を維持し、いつまでも健康に過ごしましょう。

無意識の生活習慣・TCH

  無意識のうちに上下の歯をつける癖のことを上下歯列接触癖(Tooth Contacting Habit=TCH)といいます。
 上の歯と下の歯は常時接触していると誤解している人も多いようですが、人は通常口を閉じていても上下の歯はどこにも接触していません。歯が触れるのは会話、食事をするとそしゃくえんげきの咀嚼、飲み込みなど嚥下をするときですが、その接触は一瞬ですので、接触時間を合計しても一日あたり20分以内といわれています。現代人が歯を失う理由の約7割はむし歯と歯周病が占めますが、TCHがあると、この2つの病気の進行が加速する可能性が高いといわれています。歯周病の場合、TCHがあると、常時歯に過大な力がかかるため、癖のない患者さんに比べると歯のぐらつきが早まります。むし歯で詰めものやかぶせものをした歯でも、上下の歯が触れる力がそれぞれの歯の耐えられる力の限界を超えてしまうと歯が折れるなどの症状が出てきます。その結果、TCHがある患者さんはない患者さんに比べて速いペースで歯を失っていくことになります。
 TCHは、無意識の生活習慣や癖なのでなかなか自分では気づきません。TCHかどうかの判断の一つに口の周りの緊張持続があります。それは、頬の内側や舌の周りに歯形ができているかを見ると分かります。上下の歯を接触させ顎を閉じる閉口筋を緊張させたままでいますと、頬の内側に歯を押しつけたままになるため歯形が付きます。また閉口筋が緊張しているときには舌を動かす舌筋も緊張し、舌の周りの歯や上の口蓋に押し付けたままになるため歯形が舌に付きます。頬の内側と舌のいずれにも歯形がみられる人は、TCHがある可能性が高いと考えられます。しかし、この歯形はTCHのある人の絶対条件ではありません。正確な診断をするには、歯科医に診断してもらう必要があります。
 自分にTCHの癖があると分かっても、そこから抜け出すことは大変困難です。そこで、東京医科歯科大学のグループでは、臨床心理学で用いられる「行動変容法」を推奨しています。その方法は、第1ステップでは、数秒間軽く歯を接触させ、その後離してみます。頬の筋肉の感覚の変化を意識し、上下の歯が触れていることで筋肉と歯には常に力が掛かっていることを認識します。第2ステップは、「歯を離す」「リラックス」など脱力するきっかけになる言葉を書いた紙を身の回りに張り、それを見たら脱力し、歯を離すことを繰り返します。繰り返しているとついには貼り紙を目にしただけで、何も考えずに脱力行動をとれるようになります。このように条件反射ができるようになると、第3ステップは、歯が接触しただけで条件反射が起き、歯の接触刺激で無意識に脱力行動が起きるようになります。このようにTCHがなくなれしそうこつば、歯や歯槽骨に掛かる負担は減り、歯の耐久年数は確実に向上するでしょう。


訪問歯科診療を知っていますか?

訪問歯科診療とは、高齢や障がいのため歯科診療所に通院が困難な方に対し、自宅や入居している施設に歯科医師や歯科衛生士が訪問して、歯の治療やお口のケアを行なうことです。診療費はほとんどの場合、医療保険や介護保険などの公的な保険が適用されます。

 自宅で介護が必要な高齢者や障がいのある方はお口の清掃がどうしても十分に行えません。清掃状態が悪くなることでむし歯や歯周病が進行し、歯が痛い、グラグラする、折れたなどいろいろな症状が現れます。これら

の症状が現れても、歯科診療所に通院できないまま咀嚼(かむ力)、下(飲み込み)が徐々に低下し、次第に家族との会話、感情表現などの生きる気力が失われていきます。口から味わって食べる楽しみ、意欲がない生活では、全身状態のさらなる悪化、生命の予後にも大きく影響することは最近の研究で広く知られています。

超高齢社会の日本では、在宅医療の充実は重点課題のひとつであり、岐阜県をはじめ全国の歯科医師会で訪問歯科診療の提供体制の充実に取り組んでいます。

 訪問歯科診療では歯科医師がコンパクトに設計されたさまざまな診療機器を自宅や施設に持って行くことで、歯科診療所と同様な治療を受けることが可能になってきています。むし歯の治療、入れ歯の調整・修理・作製、歯周病の治療など咀嚼の回復だけでなく、下訓練などのリハビリも可能です。

 要介護の高齢者に多い病気で誤性肺炎があります。これは、お口の細菌などが気管(肺)に入って(誤して)発病する病気です。清掃状態が悪く、お口が不潔な状態で、体力の低下がみられる方は、食物の残りかすなどが気管に入りやすく、細菌感染つまり肺炎を起こしてしまいます。日本人の死亡原因上位は肺炎で、高齢者の肺炎の70% 以上が口腔内の細菌が気管に入ることが関係していると言われています。誤性肺炎の予防には口腔内を清潔に保つことが大切です。

訪問歯科診療では治療だけでなく口腔内を清潔に保つお手伝い(口腔ケア)も行っています。実は歯科診療所に通院が難しい高齢者や障がい者にこそ、口腔ケアがとても重要なのです。訪問歯科診療を希望される場合は、まず本人や家族の身近な「かかりつけ歯科医」に相談してください。また、ケアマネジャー、地域包括支援センター、地域の歯科医師会で

も訪問歯科診療を行う歯科医院を紹介しています。

自宅でも歯科診療はできます。生涯、口腔ケアを受けるため、ご相談ください。

歯根破折の予防

 歯根破折とは、歯の上の部分ではなく、歯茎の中の根が割れたり、ヒビが入る状態のことです。歯根破折を起こすと①歯茎が腫れるうみ②根の先にできた膿の袋から出てきた膿が歯茎に穴を開けてニキビのような出口を作る場か合がある③差し歯が何度も取れる④噛んだ時に痛みが出る⑤根の治療をしても、症状が改善しないことがある⑥割れていても症状がでないこともあります。
 8020財団の永久歯の抜歯原因調査報告によると歯根破折は歯周病、う蝕に次いで抜歯原因の第3位となり、40代以降は歯周病とともに歯根破折による抜歯が増える傾向にあります。う蝕、歯周病の分野において質の高いメンテナンスをしていると、う蝕、歯周病による抜歯が減少し、歯根破折による抜歯が圧倒的に多くなります。定期的にメンテナンスをしている場合は、歯根破折に注意が必要です。

△歯根破折の原因
①歯根破折した歯は、ほとんどが歯の神経を取る治療がされた場合です。歯の上の部分に大きく穴を開けて治療をするために、歯の強度が弱くなります。また、歯の神経は栄養を送る管のため神経を取ると枯れ木のようになり歯質がもろくなって、割れやすくなります。②ブリッジの土台や部分義歯の支えになっている場合、噛み合わせの力が集中して歯根が耐え切れずに割れてしまうことがあります。③歯ぎしりや噛みしめのクセは、歯に非常に大きな負担をかけ、その力が原因で歯根破折を起こすこともあります。④硬い物を好んで食べることも歯根破折の原因となります。

△歯根破折の予防
①神経を取ると割れやすくなるため、むし歯を作らないようにすることが大切。②歯ぎしりにはマウスピースを歯に装着することが有効です。③歯根破折は初期の段階であれば、抜歯とならないケースもあるため、早期発見できるように定期健診が重要です。④よく噛むことは、身体や脳にとって良いことですが、硬い物を噛むことが歯根破折を引き起こすこともあり「よく噛んで食べること」と「硬い物を積極的に食べること」とを混同しないようにしましょう。

歯の変色(原因と禁忌症)

  歯を白くしたいと思っている方は、変色原因により現在の医療技術で対応できる場合がある。その希望に応えるには、原因を探り出すことが重要である。また行ってはいけない場合もあることを知ってもらいたい。

原因①外因性着色
 オーラルケアの上手、下手あるいは歯牙のこうごう形態や歯面の状態、歯並びや咬合の不正などにより歯石に付着したステインは歯を汚らしく見せ判別も容易である。また喫煙、赤ワイン、コーヒー、紅茶、ウーロン茶などの反復摂取は着色を悪化させる原因で、着色程度はしこうこれらの嗜好品の種類と摂取した期間や頻度により大きく異なる。これらの外因性着色を除去するだけなら「PMTC」で十分対応できるが「ホワイトニング」あるいは「ホワイトニングとPMTCの併用」で一層効果的に処理できる。

原因②内因性着色
 歯冠のエナメル質や象牙質の構造自体に着色が染み込んだようなもので、疾病や外傷あるいは薬剤の副作用を原因とするが変色に至る影響を受けた時期から二つのタイプに分けられる。
a.歯の萌出以前に影響を受けた場合は、ほぼ歯列全体に変色がみられることが特徴である。日本で多くみられるテトラサイクリン系抗生物質を原因とする変色で、母親が妊娠後半期にテトラサイクリン※㋐を服用した場合や小児期に服用した場合に現れ、変色が重篤な場合には「ホワイトニング」だけでは色調を改善することは困難である。
b.歯の萌出後に影響を受けた場合は、歯列全体ではなく一歯だけに限定されることを特徴とする。特に歯科材料も変色の原因となり、アマルガム※㋑に代表される金属修復物の成分が溶出して歯質に浸入すれば着色原因となる。さらに、根の治療や打撲による神経の退行性変化も原因の一つである。
※㋐テトラサイクリンの生産は1965~1970年をピークとするため、その時期に胎児や小児だった年代層に偏在することが特徴。※㋑金属イオンに対する処置としてホワイトニングは無効と判定されている。

原因③高齢化
 病的現象ではなく加齢により徐々に歯の色調が濃くなる自然現象で、象牙質が歯髄方向に肥厚するなどの要因により、高齢化とともに黄ばみが目立つようになる。

原因④DNA由来の黄ばみ
 ここでは病的因子の作用による変色を指しているわけではなく、親子で肌の色や髪の色が似てしまうように遺伝子情報による黄ばみの強い歯を対象とする。以前はナチュラルと認識され問題視されることはなかった変色。

原因⑤審美指向
 「自分の体のパーツを視覚的に整えよう」というきわめて現代的な思考は一つの原因にまとめられる。
 以上のことからホワイトニングはあらゆる症例に対応できるほど万能ではなく、さまざまな制約があるために判断が重要である。そのため変色の原因を利用する。効果が得られない場合や生体に危害をおよぼす可能性がある場合を禁忌症と判定する。

禁忌症具体例
①妊娠や授乳中の女性
 ホワイトニングは緊急を有する治療ではないため、精神的、肉体的に不安定なこの時期を避け安心して治療を受けられるまで待った方がよい。
②無カタラーゼ症※㋒
 薬剤が有害物質として体内に残留するので治療不可。
※㋒オキシドールを傷口に塗布して白い泡がでない場合無カタラーゼ症の疑いが濃厚である。
③エナメル質形成不全症、象牙質不全症
 深部まで薬剤が浸透しやすいため、ホワイトニング剤の強い刺激により歯髄(神経)がダメージを受ける可能性大。仮に障害を起こさずに白さが得られたとしても歯冠形態が不完全なためホワイトニングだけで審美性を完全に回復させるのは困難。