最新情報

お知らせ

くすりと歯科治療

 歯科医院で服用中の薬について尋ねられる事があると思います。今回は服用中の薬と歯科治療の関連の中でも特に歯科治療と関連の深い薬のひとつである「抗血小板剤」、いわゆる血液をサラサラにする薬についてお話しします。
 なぜ、歯科治療と「抗血小板剤」は密接な関係があるのでしょうか?それは歯科治療において、量に違いはありますが、出血を伴う処置が多くみられるからです。例を挙げると、抜歯、口腔内の外科手術などがあります。
 そもそも「抗血小板剤」の役目とは何でしょうか?「抗血小板剤」は血小板の働きを抑える薬です。血小板とは、出血時に傷口に集まって塊(血餅)をつくり、血を止める働きをする成分です。ところが、傷口ではなく血液中で塊(血栓)がつくられると、脳や心臓の血そく管を詰まらせ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となります。
 「抗血小板剤」を服用すると、血栓の発生を防ぐことができます。しかし同時に、出血時の血栓による止血も抑えられ、血が止まりにくくなってしまうのです。
 むし歯や歯根の治療、歯石取りのような一般的な歯科治療においては、多少の出血があってもほとんど問題にはなりません。では、抜歯のような出血を伴う外科処置では、薬を中止したほうがよいのでしょうか?
 いいえ、そうではありません。薬を中止すると、血管が詰まりやすくなり、全身状態を危険にさらす度合が高くなります。従って、現在は休薬をせずに処置を行う場合が多くなっています。もちろんその際は、止血処置を十分に行う必要があります。日本循環器学会の抗凝固・抗血小板療法ガイドラインにおいても、「抜歯時には抗血栓薬の継続が望ましい」と明記されています。
 「抗血小板剤」の種類、投与期間、全身状態などを考慮したうえで、処方医師と歯科医師が連携して判断するため、患者様の自己判断での休薬は避けてください。
 今回は「抗血小板剤」についてお話ししましたが、歯科治療に影響を及ぼす薬は他にもたくさんあります。また、患者様の全身状態も歯科治療に大きく影響します。歯科医院を受診されるときには、かかっている病気と服用中の薬を必ず伝えてください。そして、処方医の指示の下で治療を受けるようにしましょう。そして何より、歯を削ったり、抜いたりすることがないように、毎日のブラッシングと定期的な健診を受けることを心掛けましょう。

くすりと歯科治療

  歯科医院で服用中の薬について尋ねられる事があると思います。今回は服用中の薬と歯科治療の関連の中でも特に歯科治療と関連の深い薬のひとつである「抗血小板剤」、いわゆる血液をサラサラにする薬についてお話しします。
 なぜ、歯科治療と「抗血小板剤」は密接な関係があるのでしょうか?それは歯科治療において、量に違いはありますが、出血を伴う処置が多くみられるからです。例を挙げると、抜歯、口腔内の外科手術などがあります。
 そもそも「抗血小板剤」の役目とは何でしょうか?「抗血小板剤」は血小板の働きを抑える薬です。血小板とは、出血時に傷口に集まって塊(血餅)をつくり、血を止める働きをする成分です。ところが、傷口ではなく血液中で塊(血栓)がつくられると、脳や心臓の血そく管を詰まらせ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となります。
 「抗血小板剤」を服用すると、血栓の発生を防ぐことができます。しかし同時に、出血時の血栓による止血も抑えられ、血が止まりにくくなってしまうのです。
 むし歯や歯根の治療、歯石取りのような一般的な歯科治療においては、多少の出血があってもほとんど問題にはなりません。では、抜歯のような出血を伴う外科処置では、薬を中止したほうがよいのでしょうか?
 いいえ、そうではありません。薬を中止すると、血管が詰まりやすくなり、全身状態を危険にさらす度合が高くなります。従って、現在は休薬をせずに処置を行う場合が多くなっています。もちろんその際は、止血処置を十分に行う必要があります。日本循環器学会の抗凝固・抗血小板療法ガイドラインにおいても、「抜歯時には抗血栓薬の継続が望ましい」と明記されています。
 「抗血小板剤」の種類、投与期間、全身状態などを考慮したうえで、処方医師と歯科医師が連携して判断するため、患者様の自己判断での休薬は避けてください。
 今回は「抗血小板剤」についてお話ししましたが、歯科治療に影響を及ぼす薬は他にもたくさんあります。また、患者様の全身状態も歯科治療に大きく影響します。歯科医院を受診されるときには、かかっている病気と服用中の薬を必ず伝えてください。そして、処方医の指示の下で治療を受けるようにしましょう。そして何より、歯を削ったり、抜いたりすることがないように、毎日のブラッシングと定期的な健診を受けることを心掛けましょう。

歯の痛み~関連痛~

  先日、来院された患者様。切実な表情と口調で「右上の一番奥がズキズキする、何とかして!」エックス線、歯周検査などの結果、奥から四番目のむし歯が原因の可能性が高いとご説明した。患者様は「いや、そこは痛くないから一番奥の治療をしてください」とのこと。その日は消毒と消炎鎮痛薬を処方して、経過を診ることにした。
 次の日、痛みが続くと来院され、奥から四番目の治療を納得していただき処置。1週間後、「あれからすぐ楽になったわ。不思議ね。ほんとに一番奥が痛かったのに」とおっしゃった。患者様も僕もホッとひと安心。
 関連痛とは痛みの原因となる部位とは違う部位に感じる痛みのことです。痛み刺激が神経を通じて脳に伝わる際、同じまたは隣接する神経束の刺激として誤認するためとされています。
 口の周りで起きる関連痛で身近なものとしては、かき氷などを食べた時に咽頭神経が刺激され、こめかみがキーンと痛く感じるもので、「アイスクリーム頭痛」と呼ばれます。歯髄炎(むし歯)で耳やこめかみ、急性上顎洞炎で歯に痛みを感じることもあります。上の歯が原因で下の歯に痛みを感じる、またその逆の場合もあります。重大なものとして、狭心症などでは心臓部の痛みを左上腕から下顎、奥歯の痛みとして感じる場合があります。
 関連痛とはやや異なりますが、非定形歯痛(突発性歯痛)と呼ばれるものがあります。「治療、抜歯したのに歯痛がとれない」、「いくら検査しても原因が見つからない」といった原因不明の歯痛です。不明とされるものの原因に関する疑わしい説はあり、これも神経伝達が混乱することによる神経因性説が有力説の一つで、その対処法も考えられています。
 治療を受ける場合は、ご自身の感じる痛みの様子をしっかり伝えた上で、じっくり相談して治療方針を決定するのが、痛みから解放される近道ではないでしょうか。

学校でCOと言われて安心していませんか?

  新年度が始まり、学校で歯・口の健康診断(健診)が行われる時期です。そろそろ健診結果のお知らせを学校からもらってくるころでしょうか?そのお知らせの中で「むし歯になりそうな歯(CO)があります」にチェックが入っていませんでしたか?
1.CO(シー・オー)とは
 COとは削って治療する必要はないですが、このまま放置すると進行する可能性が高いむし歯の状態で要観察歯のことをいいます。しかし、保護者の皆さんは治療する必要がないイコール歯科医院に行かなくて良いと考えて安心してしまいがちで、これが大きな問題だと思います。
 学校での健診はあくまでもスクリーニングで確定診断ではありません。そして、COでは進行を防ぐために歯の清掃や甘いものを制限するといった食生活の改善や生活リズムの改善をする必要があり、フッ化物利用などを行うべきであり、そういった元で注意深く観察していかなくてはならないのです。
2.COの下に隠れたむし歯の進行
 本当にCO程度のむし歯なのかどうかはやはり歯科医院を受診し、レントゲンなどの特殊器具を使い確定診断してもらう必要があります。毎年の健診でCOと言われ続け安心していたら突然痛みが出現して来院される子どもさんがときどきいます。診療室で診察してみると一見したところではむし歯による穴があいてないように見えてもレントゲンを撮ると中で大きくなっていました。学校健診でCO以外のチェックが全くないのでそれまで何年も歯科医院を受診していなかったことにより見過ごされてしまったと思われます。また、見たところ全くむし歯がないと思ってもレントゲンで歯と歯の間にむし歯がみつけられることもよくあります。
3.歯科医院での定期的な健診を
 学校健診で治療が必要な項目にチェックが入っている子はすぐに歯科医院を受診するのは当然ですが、COなどすぐに受診の必要がないと記載されている場合も年に2~3回程度の歯科医院での定期健診をお勧めします。
 特に乳歯との生え替わりの時期は重要で、後から生えてくるはずの永久歯がない場合があり、10人に1人いるとも言われています。また、何らかの異常で永久歯が正常に生えてこられないこともあります。診療室でないと見つけられないむし歯以外の異常も見つけることができます。
 お口の病気はむし歯だけではありません。COと言われて安心しないで、学校健診では見つけられない歯やお口全体の異常を早期に発見できるだけでなく、お口の健康を維持していくためにも歯科医院での定期的な健診をお勧めします。

骨まで溶かす「根尖(こんせん)性歯周炎」

  むし歯を放置していませんか?物をかんだ時痛くありませんか?その痛み、歯根の先がうんでしまう病気、「根尖性歯周炎」かも!
①どんな症状が現れるの?
  歯が浮いた感じがして、物をかむと痛い!という程度では歯科医院を受診しない方がほとんどだと思います。そんな口の中の不調を放っておくと大変なことになります。根尖性歯周炎はほとんど自覚症状が無いことが多いのですが、初期症状として弱く鈍い痛みを覚えます。歯の根元の歯肉は、場合によってはわずかに腫れ、押すと痛みます。進行すると痛みは強くなり、ドクドクと脈を打つようになります。ものをかんだ時の痛みもますます強くなり、さらに症状が進行すると発熱することもあります。
②治療は?
  細菌に感染してしまった根管(神経の通る管)を徹底的に感染除去し根管内を無菌化する治療を感染根管治療といいます。細かな溝のある細い針金のような器具を使用したり、消毒薬を使用したりします。
  しかし、この感染根管治療は実はかなり難しいのです…なぜなら、根っこの中は直接見ることができないため、完全に細菌を取り除くことが非常に難しくなります。
③治療期間は?
  「歯医者に通っているのに治らない!」というのは、多くの場合この根管治療です。治療期間は短い場合2~3回で終わることもありますが、長い場合は2~3カ月位かかることもあります。治療後の経過観察を含めると半年から1年位かかる場合もあります。いつまでたっても治らない場合には、歯根が割れていたり、根管の形が非常に複雑だったりする可能性もあり、抜歯になったり、根の先端を切除する手術(根尖切除術)が必要となる場合もあります。長期間になる治療でも中断せずに、最後まで治療を続けることが大事です。
 最近では、より効果的な治療器具としてマイクロスコープ(顕微鏡)により拡大して細部を見たり、歯科用CTで3次元的に根管の形態を確認し、根管内を超音波洗浄することで、細菌の入り込んだ細かい部分まで除去することが可能となってきました。
④根尖性歯周炎は歯を抜く病気?
 たとえ神経を取り除いたとしても、歯は残しておくべきだといえます。根管治療は簡単なものではありませんが、重度のむし歯でも抜歯を避けることができる重要な治療です。お口全体の健康を守るためにも、根管治療はきちんと受けましょう。
  また、根管治療後のよい状態を維持するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。せっかく時間を掛けて治療を受け、残せるようになった歯です。定期健診をきちんと受け、長く健康な状態を守っていきましょう。