バナー
イメージ
会長 野田 治彦

『歯の健康は、全身の健康に影響する』ことは、周知のことと存じます。大垣歯科医師会では、「80歳で20本以上の歯を保とう」を合言葉に、乳幼児から児童生徒、成人、ご老人に至るまで、多くの方々に健康で長生きしていただこうと、歯科診断の充実に努め、「歯の健康フェスティバル」などの事業を通じて、口腔衛生に関する正しい知識の普及啓発に力を尽くしています。
 特に、ここ数年前からは老健や特養等の施設入所者や在宅寝たきり者に対する訪問歯科診療の推進に力を注いでいます。また、障害をもった方々には、障害者歯科医療の情報を提供するための冊子を作って対応を図っています。
 今後も地域住民のニーズに応える歯科医師会として、皆様方の声に耳を傾け出来得る限りご要望に添っていきたいと考えています。どんな些細いなことでも結構ですのでご意見をお聞かせください。
直線上に配置
|戻る|