一般的な診療所での感染対策/ぎふチャン「ぎふサテ」にて令和2年11月24日放送

最新情報

お知らせ

6月4日~10日は歯と口の健康週間

6月4日~10日は歯と口の健康週間です 

 むし歯になって削った歯や歯周病で失った歯は元には戻りません。歯のお手入れをしないと将来確実に歯を失うことになります。一生自分の歯でおいしい食事できるよう普段から歯みがきや歯間ブラシなどでの歯の清掃を行い、年に3回ほどは、かかりつけの歯科医院で歯科健診を受けましょう!

 6月5日(土)の岐阜新聞と中日新聞の朝刊に、新聞掲載を行いました。普段からのハミガキなど口腔ケアを行っていると、新型コロナの重症化予防につながる可能性も今回の中日新聞の記事で示されております。新聞掲載の詳細は、それぞれの新聞のリンク先よりご欄ください。

 

 

岐阜新聞

テーマ:医科歯科連携の重要性(河合直樹・県医師会会長と阿部義和・県歯科医師会会長) 

   R3.6.5岐阜新聞「歯と口の健康週間」県医師会長との対談 .pdf

中日新聞

テーマ:口腔ケアが新型コロナの重症化を予防

内容:6月4日~10日の歯と口の健康週間にちなんで、花田信弘・鶴見大学歯学部探索歯学講座名誉教授に、口腔ケアが新型コロナの重症化を予防する点について記事の掲載協力をさせていただきました。

   R3.6.5中日新聞歯と口の健康週間 .pdf

 

 

 

日歯8020TV
口の中が汚いとウイルスに感染しやすくなる

 口の中に歯こうがたまり汚い状態であると、ウイルスに感染しやすくなります。歯こうの中に潜む歯周病菌がウイルスの酵素を活発化させるので、ウイルスに感染しやすくなります。介護施設で、歯科衛生士がお口の中の管理をしているとインフルエンザの発症率が大幅に減少したというデータがあります。うがいや手洗いももちろん重要ですが、普段からよく歯みがきをしたり、歯科医院を受診して歯の健康管理に務めましょう。(日歯8020TVより)
 
動画:4:36秒 
 (インフルエンザ予防と歯周病菌/日歯8020TVより)

  http://www.jda.or.jp/tv/96.html
はやぶさネット