ピックアップコンテンツ

 











 

ピックアップ動画

  
 
 
facebook
 

最新情報

 
最新情報
12345
2015/02/27new

女性のための口腔ケア

Tweet ThisSend to Facebook | by:事務局
△他人の口臭を不快に感じたことのある女性はなんと93%
 全国の男女1万人に聞いた「口臭に対する意識調査」(ファイザー株式会社)によると、なんと93% の女性が「他人の口臭を不快に感じたことがある」と回答しています。
 また、普段携帯しているマウスケアアイテムは「ガム」「ミントタブレット」「キャンディー」などの食品・菓子類が多くを占めていました。しかしこれらは口臭を香りでマスキングするだけで、根本的な口臭の予防効果は期待できません。効果的な口臭の予防はどうすればいいのでしょうか?
△口臭の原因は何でしょうか?
 さて、口臭の予防法の前に、原因を知っておきましょう。
 口臭の原因は「胃腸が悪いから」「食べたものが悪い」と思っていませんか?これらも原因となることがありますがその数はとても少なく、ほとんどがお口の中の汚れ(プラーク)や歯周病が原因です。
 口臭は、細菌が私たちの体にある一部のたんぱく質から出てきたアミノ酸を材料にして硫化水素やメチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなどのガス(VSC=Volatile Sulfur Compounds)を作り出すことで発生します。それでは、口臭をチェックしてみましょう。簡単な方法で自分の口臭を調べることができます。 ①直前にうがいや歯みがきをしていない状態
でコップの中に息を吐き出します。②コップは手でフタをして、一呼吸おいて新鮮な空気を吸います。③コップの中のにおいを嗅いでみます。
【歯周病と口臭】
 歯周病患者のお口の中は、歯周病原菌と戦って死滅した白血球やリンパ球、破壊された歯肉の組織、死滅した細菌などがあふれています。これらはタンパク質でできており、ニオイの原料になるアミノ酸が増えます。しかも歯周病原菌はガス(VSC)をたくさん出す菌なのでどんどん口臭がひどくなってしまいます。口臭は口臭検知器で測定することができます。口臭が強いと感じたら歯周病を疑って、歯科を受診してみましょう。
△一人でできる効果的なブレスケアは?
 まずは、お口の中の汚れ・細菌を除去します。歯みがきや殺菌剤配合のマウスウォッシュ
での洗浄は効果的です。また鏡で舌を見たときに白くなっていたらそれはプラークです。舌クリーナーで舌の汚れも落としましょう。次に唾液をたくさん出すようにします。食事はよくかんで食べることを心掛けましょう。またキシリトール入りのガムをかむことや、お茶など砂糖の入っていない水分をとることもいいことです。
△ドライマウスって聞いたことありますか?
 唾液の分泌量が減り、口の中が乾いた状態になることをドライマウス(口腔乾燥症)といいます。唾液には抗菌力や汚れを洗い流す働きがあるため、唾液が少なくなるとお口の中の細菌が繁殖しやすくなり、口臭が発生したり、むし歯や歯周病にかかりやすくなったりします。
【ドライマウスと女性ホルモンの関係】
 「月経『生理』前」ホルモンの変動が激しいために免疫力が低下し、お口の中の細菌が繁殖しやすくなります。月経前に口の渇きや口臭が気になる人も多いようです。「更年期」女性ホルモンが減少すると唾液の分泌にも影響を与えます。また、更年期障害の症状をやわらげるための薬や血圧を降下させる薬の副作用で唾液が減少することもあります。
口臭予防にハーブティーがおすすめ
 ハーブティーがお口の健康にとても良いって知っていましたか?
 優れた殺菌力や抗炎症作用、粘膜保護作用などにより気軽に口臭や歯周病予防ができます。心身のリラックスにもなり、ストレスの解消にもなります。何よりも気になる症状が長く続くときは歯科医師に相談しましょう。


16:56
12345

各地域の歯科医師会

 
  はやぶさネット 
 
275998

おすすめコンテンツ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岐阜県歯科医師会
Gifu Prefecture Dental Association
〒500-8486 岐阜市加納城南通り1丁目18番地